Pocket

【最新】アイコス 発ガン性物質10倍のニュースは本当なのかデマなのか。

2017/7/31追記

アイコスの発がん性物質10倍というニュースは落ち着きましたね。みなさんももう安心しましたか?管理人きくやっこ。はまだまだアイコスの発がん性物質10倍について追っていきますよ。

 

「1+1=」という先生の質問。勿論アナタは正解は2。だと自信を持っています。しかしクラスメイトの全員が次から次へと「正解は10です」と自信満々に答えていきます。「答えは10です」とクラスメイト全員が答え次はアナタが答える番。さてアナタはひとりだけ「正解は2です」と答えますか?それとも全員の答えに合わせ「10」と答えますか?


スポンサードリンク

【最新】アイコス 発ガン性物質10倍のニュース

少し前からアイコスユーザーを賑わせている【アイコス 発ガン性物質10倍】のニュース。このブログでも何記事か書きました。わたし管理人きくやっこは8か月前に禁煙をしアイコスユーザーではありません。吸っていた時も普通に紙タバコを吸っていました。

 

アイコス=燃やさず加熱式にすることによって発がん性物質であるタールを9割カット。臭いも少なく副流煙も出ない。という事でかなりのタバコユーザーがアイコスユーザーへと変わりました。

・体に気を遣ってアイコスにした。

・副流煙などがないのでドコでも吸えると思いアイコスに。

・流行にのってなんとなくアイコスに。

 

なんて理由は人それぞれです。少なくてもアイコスユーザーの皆さんは【体にもいいし】という理由もあると思います。せっかく体にいいと思っていたのに発がん性物質が10倍なの?と思って検索する人があとを絶ちません。

 

さて、アイコス発がん性物質10倍の最新情報は?

国際ニュース通信社「Reuters」が、IQOS(アイコス)が普通の紙タバコより発がん性物質が多いと報じて数週間経ちました。しかしよく読んでみると今大騒ぎしている内容とは少し違うようです。

 

国際ニュース通信社「Reuters」が、IQOS(アイコス)に「一酸化炭素」、「多環式芳香族炭化水素」、「揮発性有機化合物」といった有害物質が入っていたと発表。

↓↓↓

紙タバコにも含まれる成分なのでアイコスに入っていても全然おかしい事ではない(アイコスは有害物質を100%カットしている訳ではないので当たり前といえば当たり前の話し。)

 

それに比べ、

 

アイコスは紙タバコに比べアンモニアを50%カット・ホルムアルデヒド(発ガン性物質)10%カット・一酸化炭素を5%カットなどは公表してます。つまり多くの発がん性物質が紙タバコより少ないのは間違いありません。

 


スポンサードリンク

 

【最新】アイコス の副流煙の中にも発ガン性物質【有害物質】は含まれている。

このアイコス発がん性物質の発表をしたスイスの博士が平均して、低い濃度ではあるものの、有害な化学製品はIQOSの煙(水蒸気)中に存在したことを確認した。更に調査を続けてた方が良いし、屋内喫煙防止法に該当させることも考慮した方が良い」といいました。

まだまだ研究は必要とも言っていますが少なからずアイコスの煙(水蒸気)の中にもタバコ同様、有害物質(発がん性物質)が含まれているようです。なので

 

「アイコスは水蒸気で無害だから赤ちゃんの前でも余裕で大丈夫よ」

という考えは改める必要がありそうです。最新のニュースや発表があるまではアイコスであっても副流煙(水蒸気)は気にする必要がありそうですね。今日はこのへんで。また最新の情報が入ったら追記しますね。管理人きくやっこ。


スポンサードリンク