Pocket

カラオケの動画投稿や歌ってみた。著作権で裁判になる可能性が高まる。

まいどっ。昔本気で歌手を目指していた管理人きくやっこです。ソニーミュージックやエイベックスやその他プロダクション。オーディションを受けていました。

本気で歌手になって「俺、後藤真希と結婚するんだろうな~」と本気で信じていましたww昔はオーディションの雑誌を買ってソレで申し込んで受けていましたね。

今はインターネットの普及で沢山のチャンスがあります。


スポンサードリンク

カラオケ動画投稿はチャンスを掴む為?しかし著作権問題でNGになる。

自分でカラオケに行き、歌っている動画をスマホで撮ってユーチューブ(youtube)にアップ(投稿)する。今の時代コレを聞いても普通のことのように感じます。そもそもユーチューブやニコニコ動画にカラオケや歌ってみた。という動画をあげている人はどんな人なのか。

 

・俺(私)歌うまいやろ?どやっ?という自慢系どやどや投稿者

 

 

・ミュージシャン希望で沢山の人や業界の人に聞いてもらえるチャンスがあるから。という夢見るドリーマー投稿者

 

 

・有名曲をあえてアップし視聴者を騙し再生回数で稼ごうとする裏ユーチューバー。

 

 

・SNS感覚でただ単純に共有したい仲良しグループ投稿者。

 

 

などがいます。僕も今の時代だったら確実にカラオケで何回も撮影して1番いいやつを投稿してる可能性があります。(叩かれるの怖いだろうけど)それか普通にユーチューバー経由芸能界入りを目指すと思います。しかし最近になり、こんなことが起きました。


スポンサードリンク

カラオケの動画投稿や歌ってみた。著作権で裁判に。削除申請なんと12万件。

先日、自分がカラオケで歌う様子をユーチューブに公開した男性に対して東京地裁が、カラオケ機器メーカーの著作隣接権を侵害するとして公開禁止を命じました。

 

その男性がメーカー側からの削除申請を断って(無視)し続けたのでしょうか?「軽い気持ちでなんとなく投稿したカラオケ動画でまさか裁判になるとは思わなかった」とビックリしているようです。

 

確かに今の時代、検索すれば歌手本人の音楽やMVなどの動画。さらに漫画やアニメ。映画なども観ようと思えば観れてしまう時代です。まさかプライベートで歌っている動画をアップして裁判沙汰になるとは誰も思わないでしょうね。

 

このニュースを聞いてネットの声は。

・歌を検索して素人のカラオケだとイラっとするからコレはいいと思う。

・素人の歌を聞きたい人なんているの?必要ない。

・下手なのにアップする人が多い。

・歌ってみた。は検索の邪魔でしかない。

 

と厳しい意見ですね。これからこういった著作権に対しての罰則が強まっていけば、不正アップロードも減り、ネットで聞けない人達がCDを買い、またCDの売上があがるのでしょうか?いたちごっこにならなければいいですけどね。

 

個人的にはカラオケのアップくらい。いいと思うけどな~。と思いました。夢を追う人達が頑張ってアップしている可能性もありますし。自作の歌を作って自作のタイトルをアップしても誰も検索しないですからね。誰もが知ってる歌を歌ってアピールする。というのはしょうがない。と思います。

 

しかしネットの声を聞くと歌ってみた系のカラオケ動画は邪魔。という意見も分かる気がしますね。

 

それでは今日はこのへんで。歌うま王子こと管理人きくやっこ。


スポンサードリンク