Pocket

電子タバコ。体にどんな害があるかを説明しましょう。

電子タバコは一体、体にどんな害があるのか。


スポンサードリンク

まいどっ。管理人きくやっこです。いきなりですが小話をひとつ

ある夫婦の話し。

夫が会社に出かけるときに妻はこう言いました。

「今日雨降るから傘持っていきなよ」

そうすると夫はこおう言いました。

「あぁ。今日は小雨みたいだから大丈夫」

 

夫は堂々とそう言い放ち何も持たずに出社。

結果・・・濡れましたとさ。

そりゃそうだ。

今回はそんなお話しです。


そもそも電子タバコとは?

電子タバコ、電子タバコと皆さん言っていますが電子タバコとは一体なにのことを差すのでしょうか。このページに来た人も色々な人がいて、色々な電子タバコの事を想像し来た事と思います。

アイコス、グロー、プルームテックなどの電子タバコ。

もしくは

ビタフル、ビタボン、エミリミニプラスなどのニコチンやタールが入っていない物を電子タバコと言っている人もいますし、実際にこのページに来た人の中にも勿論いるでしょう。

 

 

なので今回はアイコスやグロー、プルームテックなどのいわゆる一般的な電子タバコの体に対する害についてと、ビタフルやエミリミニプラスなどの電子タバコの体に対する害。両方についてお話ししていきましょう。

 


アイコスやグローなどの電子タバコの体に対する害。

ニコチンが入っている電子タバコの有名どころと言えばアイコス、グロー、プルームテックあたりが有名ですね。紙タバコから電子タバコに変えた人はほとんどの方はこの3種類のドレかを吸っています。

 

「電子タバコは害がないから」

と堂々とドヤ顔で言っている人がたまにいます。その理由はおそらく【タール】の量だけをみてそう思い込んでいるのでしょう。アイコスが発売され大ヒットした理由はいくつかありますが、そのひとつに【有害物質であるタールがほぼ発生しない】という魅力でした。

 

今までの紙タバコユーザーからしてみたら

 

ニコチン=中毒になる物質

タール=癌などになる有害物質

 

というイメージを持っているかたがほとんどです。

なのでタールがほぼないと言われると

(あぁ有害物質が全然ないんだ)と思ってしまいます。

確かに売る方も

 

「電子タバコは煙ではなく水蒸気です。なので有害物質であるタールがほとんど発生しないんです。」

と言えば買う方も「おお~」となります。しかしココでハッキリ言っておきます。


そもそもタバコの害はタールだけではありません。

上でも触れましたが喫煙者のなかでドコか

・ニコチン=中毒になる物質

・タール=有害物質

というイメージがあると思います。

しかし、タバコには化学物質が4000種類。有害物質は200種類以上。発がん性物質は50種類以上あるんですよ。

 

タールが減ったから。なんてドヤ顔してる場合ではありません。タールなんてたったの発がん性物質の1種類でしかないのです。そもそも勘違いがあるいのは【ニコチン】です。

ニコチン=中毒になる物質。ではありません。ニコチン=強力な有害物質です。

 

ニコチンは昔はその毒性の強さから殺虫剤にも使われていたほどです。ニコチンを大量に人間が摂取すると命を落とします。(勿論タバコ100本とかではなく、もっともっとの量ですが)

 

なので電子タバコだから体に害がない。とは思わないでください。他にもたくさんの有害物質や発がん性物質があります。


スポンサードリンク


体に害があるのは当たり前。だってタバコだもの。

電子タバコは体に害がない?体に害がないなら紙タバコから移行しようかな。と思っている方もいるでしょう。勿論紙のタバコよりかは電子タバコの方が体に対しての害は少ないでしょう。

 

しかし、ソレはただ【紙のタバコと比べれば】というだけの話し。害は当然ありますし、発がん性物質も電子タバコにもあります。電子タバコは害がない。というのは妄想です。しっかり害があります。ソレもそのはず

 

だって・・タバコだもの。

 

ソレはそうです。電子だろうが紙だろうがタバコはタバコ。あなたもタバコは体に害があると承知のうえで吸い始めた筈です。なので電子になろうがタバコですから体に害はあります。

 

もういちど結果を言います。紙のタバコに比べれば体への害は少ないです。しかし、ソレはあくまで紙のタバコと比べただけで、電子タバコ単体でみたら、体に害もありますし、発がん性物質も十分にあります。コレが結果です。

 


ニコチン、タールなしの電子タバコは体に害がある?

最近流行っているこのニコチンやタールなどの有害物質がないタイプの電子タバコ。コレは体に害があるのでしょうか。そもそもコレを電子タバコと言っていいか疑問がありますが現時点では体への害はない。と言ってもよさそうです。

しかし、吸い過ぎて過呼吸気味になったり、気持ち悪くなったりする方もいます。なのでほどほどに楽しむのがベストです。

しかし、見た目は電子タバコです。吸わない人からしてみたらアイコスだろうがビタフルだろうが見た目は一緒です。なので吸う場所をきちんと考えて楽しむのも大事ですね。

 


電子タバコ。体にどんな害があるかを説明しましょう。まとめ。

結局、少なかろうが多かろうが害はあります。少ないからと言ってドヤ顔をするのは大きな間違いです。

例えば

紙タバコから電子タバコに変えて、その人の有害物質をとる量が100から40に減ったとしても吸わない人と比べれば40も有害物質を体に毎日取り込んでいるのです。なので電子タバコに期待し過ぎないように気を付けてください。禁煙してみようかな。と思われた方はこのブログで禁煙方法もお伝えしていますので是非参考にしてみてくださいね。

 

それではまたっ。管理人きくやっこ。


スポンサードリンク