Pocket

アイコス、glo(グロー)限定カラーは入手するべきか。


スポンサードリンク

アイコス、glo(グロー)限定カラーは入手するべきかどうかを考える。

大人気の波が止まらないアイコスやglo(グロー)などの電子たばこ業界。本当にこのままだと紙タバコなくなるのでは?という勢いですね。

 

さて、電子たばこと聞くとやはり1番目に名前が出てくるのがアイコスだと思います。アイコスは電子タバコという名の国の王様です。

 

ソコに最近glo(グロー)、プルームテック。という英雄が現れました。いままでの王様の欠点をなくした英雄です。このままでは王様の地位を脅かされる。と思ったアイコス(王様)は色んな対策をしました。今回はそんなお話し。

 

電子たばこ競争が激しくなってきた。限定カラーもその競争のひとつ。

今まで不動の人気だったアイコス。電子たばこ=アイコスでした。しかしここ最近、電子たばこ界の王様の地位を脅かす存在が出てきています。ソレが【glo(グロー)、プルームテック】などの電子たばこの新参者だ。

 

 

今までの王様のアイコスはみんなに指示されていました。なかには少しの不満もありましたが王様だから仕方がない。と思っていました。しかし、今までの王様(アイコス)に出来なかったことが出来る勇者が現れます。その勇者の名前は【glo(グロー)】【プルームテック】

 

 

今までアイコスに出来なかった事(連続吸い等)が出来る。故障しにくい。物も少ない。というメリットでいまアイコスのライバルとして成長してきています。ソコでアイコスは何もしない訳にはいけません。一人でも多くglo(グロー)派にならない為に策を考えます。

 

 

やはり日本人は【限定】という言葉に弱い。

日本人はこの【限定】という言葉に弱い。という事はとっても有名な話しです。街を歩いてみてください。【期間限定 数量限定 ○○支店限定の一品 本日限定 ここにある物限定で。 女性限定 コレを買ってくれた方限定で・・・】などなど本当に多くの限定という言葉に包まれて生活しています。

 

 

「アナタ限定でコレあげる。本日限定だよ。コレ限定カラーなんだよ。」

 

 

そう言われると今すぐに行動しなくちゃ勿体ない。と思い込みます。実はコレは商売の基本です。なぜこんなに限定という言葉がソコらじゅうに存在するのか。ソレは限定というキーワードをつけるだけでお客さんに考える時間を与えないことなんです。

 

 

よくTVショッピングでも聞きませんか?「このTVをご覧になってくれた方限定で○○もつけます。」「この放送が終わって30分の間に電話してくれた方限定で○○円値引き」など。

 

 

コレはお客さんに考える時間を、検討する時間を与えないテクニックです。人は冷静になって考えると財布のひもが固くなります。つまり衝動買いをしにくくなる。という事です。なので考える時間を与えない為に【限定】という言葉を使うのです。

 


スポンサードリンク

限定カラーで口コミも倍増?

アイコスやglo(グロー)だけではないですがこういった限定商売はよくあります。限定ですよ。コレを持っていたら周りから羨ましがられますよ。周りの人と差別化できますよ。個性を発揮できますよ。でも限定だから急いでくださいね。という誘惑で物を売ってきます。

 

 

営業マンが「今日買ってくれたら○○円にします」というお客に考えさせる時間を与えない戦略と同じです。

 

 

今ではアイコスも限定カラーいくつあるんだよ。やりすぎだよ。と思うくらいに限定カラーがあります。そして最近glo(グロー)でも1000名限定カーボンカラーが買える。と言ったキャンペーンも行っています。もらえるのではなく、買うんですよ?すでに持っているのに・・・

 

 

アイコス、glo(グロー)の限定カラー。本当に必要か今一度考えてみましょう。

アイコスやglo(グロー)に関わらず人気の物の限定カラーが出るよ。と言われれば欲しくなるのは当然です。僕だってなんだかんだ言っても【限定】という言葉には弱いですからね。

 

 

色で人と差をつける。特別なものを吸ってるあのひと。と思われる。自慢したい。個性をだしたい。という気持ちは本当によく分かります。しかし、【限定】という言葉に惑わされていませんか?もういちど、こう考えてみてください。

 

 

いま気になっている限定カラーがもし、限定ではなく普通に買えるものだとしたら。今既にアイコスやglo(グロー)を持っているのに わざわざ買い替えますか?まずは冷静になって考えてみることです。本当にそのカラーが欲しいのか。そのカラーじゃなきゃダメなのか。考えてみてください。

 

 

アイコス、glo(グロー)限定カラーは入手するべきか。まとめ。

アイコス、グロー。プルームテック。電子たばこのユーザー取り合戦の中で各社は【限定カラー】という戦略で自分のユーザーを増やそうとしています。その戦略に気がつかず【限定】という言葉だけに踊らされてアイコスやglo(グロー)など、すでに持っているのに、また高いお金を使ってしまう。という事があります。

 

 

まず大事な事は【限定】という言葉を一回忘れ、その物自体が自分に本当に必要か。を考えてみてください。勿論「俺と言えばグリーンが俺のイメージカラーなんだ。だからアイコスやglo(グロー)もグリーンのカラーじゃなきゃダメなんだ。」という明確な理由がある人は買ってもいいと思いますよ。

 

今日はこのへんで。あなたは限定カラー。欲しいですか?買いますか?

 


スポンサードリンク


スポンサードリンク